MENU

専業主婦が即日融資で借りる

一時期、キャッシングの利用者は主婦が一番多いと言われていましたが、2010年の総量規制の施工で、主婦のキャッシング事情は大きく変わりました。

 

特に専業主婦は厳しくなっているのが現状です。

 

タイプによって申込先が変わる

主婦がキャッシングを始めたい時は、タイプ別で申込先を変えなければなりません。

 

収入がなく配偶者に相談できない主婦の場合

年収による融資制限を決めているのは貸金業法の総量規制になります。
総量規制は貸金業者に適用される法律(貸金業法)なので、銀行は対象外です。
つまり、収入のない主婦であっても銀行からならお金を借りることができます。

 

収入はないが配偶者の同意が得られる主婦の場合

銀行カードローン以外に、「配偶者貸付」が可能な消費者金融も利用可能ですが、その場合、配偶者の同意が必要になります。

 

収入がある主婦の場合

基本的に、消費者金融、銀行カードローンどこへでも申込が可能です。

 

専業主婦は総量規制対象外の業者で借りられる

総量規制は貸金業法のみに適用されるので、銀行はその影響を受けません。
銀行カードローンでも基本的には収入があることが条件ですが、中には「配偶者に収入があればOK」というカードローンが増えています。

 

一時期、主婦専用のカードローンと言えば2,3社ほどでしたが、最近では、みずほ銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、イオン銀行カードローン、じぶん銀行カードローンなど多くの銀行で申込が可能です。

 

配偶者貸付制度とは

総量規制には例外規定があり、その中のひとつに「配偶者貸付」があり、「本人に収入がない場合でも、配偶者とあわせた年収の3分の1以下までなら貸付け可能」という例外を「配偶者貸付」といいます。

 

つまり、本人に収入がなくても夫(妻)に収入があれば申込ができるという事になっていますが、対応している業者が非常に少なく、大手消費者金融はほとんどが「本人に収入が有る事」というのが条件になっていますので、現状は不可能に近い状態です。

 

ただ、中堅消費者金融の中には「配偶者貸付」も利用できるキャッシング会社もあるので、大手にとらわれなければこれらの業者へ申込めば融資が受けられます。