MENU

即日融資と即日審査の違いについて

即日融資が可能なカードローンを探していると「○○時までに手続きが完了すれば即日融資可能!」「インターネット申込なら即日審査が可能!」と書かれているのを見る場合があります。

 

「即日融資」と「即日審査」では大きな違いがあり、急いでいるために「即日○○」だけを見て申込をすると失敗する事もあるので注意が必要です。

 

その日に借りたいのなら即日融資

即日融資は申込をしたその日でも金が借りられるサービスです。
大手消費者金融なら指定時間までに契約や振込手続きが完了していれば、その日のうちに口座へお金が振り込まれます。

 

銀行カードローンも即日融資が可能なカードローンがあり、安い金利で借りられるので、人気があります。

 

大手消費者金融ならすべてが無人契約機を設置していますし、銀行でも無人契約機を設置しているところもありますので、無人契約機を利用すれば、土日や祝日といった休日でも申込をしたその日にお金が借りられます。

 

「即日審査」だけなら注意が必要

間違えやすいのが「即日審査」で、すぐに借りたいと思って「即日」の文字だけを見て申込をすると即日融資で借りられなかったという事があります。

 

「即日審査」というのは、「最短、申込をしたその日に審査をする」ということで、あくまで審査がおこなわれるだけで、当日中に審査回答があっても、すぐに融資が受けられるということではありません

 

特に銀行カードローンに多いパターンで、即日審査で融資が可能という結果が当日中にあったとしても、その後の手続きの関係で当日融資は不可能です。

 

仮審査に通れば、銀行から契約書が送られてきます。
契約書に必要事項を記入し本人確認書類を添付して返送すると本審査がおこなわれます。
本審査が終わり次第カードが送られてくるといった流れになりますので、カードが届くのは早くても1週間〜10日程度は必要になります。

 

ただし、即日融資が可能な銀行カードローンであっても、事前に申込先の銀行に口座があることが条件のところもあり、口座がなければ即日融資が受けられないという場合もあります。

 

こういった間違いを避ける為にはあわてて申込をせずに、キャッシング会社へ事前に電話を入れて即日融資が可能かどうかを確かめる事も必要です。