MENU

「思わぬ出費があったので給料日までお金を借りたい、出来れば今日中に借りたい」と言うような緊急でお金を借りたい時は、銀行や消費者金融のキャッシングを申込めば今日中にお金を借りられます

 

最近では多くのキャッシング会社で、最短即日融資が可能なキャッシング会社が増えています。

 

即日融資の融資条件は基本的に消費者金融でも銀行でも同じで「安定した収入のある満年齢が20歳以上65〜69歳までの方」なら申込できます。

 

職業形態は正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員、個人事業主でも申込ができるので心配いりません。

キャッシング会社の選び方

最近は申込をしたその日にお金が借りられる即日融資に対応したキャッシング業者も多くなっています。簡単な比較方法は、インターネットンの口コミ情報などの情報を参考にして、自分に適したキャッシング会社を選びましょう。

 

いくらすぐにお金が必要になったと言っても、金利はもちろん審査、利用中のサービスなど、他の要素も比較し、少しでも自分に有利になるキャッシング会社を探すことが大事です。

 

即日融資を検討する場合は

  • 「何時までに手続きが終わればよいのか」
  • 「審査が完了するにはどれくらいの時間がかかるのか」
  • 「金利はどれくらい」

などが明確に記載してある事が比較をするための最低要因になります。

 

即日融資が確実に出来る業者を選ぶ

即日融資を申込む時は、当日中に間違いなく振り込んでもらえるかを確認する事が重要で、
特に銀行カードローンなど「即日融資も可能」と書いてあるので申込をしたけれど、審査に時間がかかり、連絡があったのが2,3日後だったということもあります。まずは、サーポートセンターなどへ電話を入れて即日融資が確実にできる条件などを確認しておきましょう。

 

また、即日融資で借りるためには、いつまで手続きを終わらせる必要があるのかなどが具体的に明記されているところと、そうでないところがあります。これがはっきりしてないと不安になりますし、どうしても今日中に振込をしてもらいたい時は、いつまでに契約や手続きを完了しなければならないかを明記しているキャッシング会社を選ぶのがポイントです。

 

大手消費者金融ならまず大丈夫

SMBCコンシュマーファイナンス「プロミス」例にとると、平日14時までに契約や手続きが完了していれば、即日振込が可能と書かれていますし、それ以外の時間になっても自動契約機から借入する事が可能です。

 

さらに三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座を持っている方なら、24時間いつでも振込が可能となっています。

 

また、新生銀行カードローン「レイク」は、インターネット(即日振込み)なら平日14時までに手続きが完了していれば即日振込が可能です。

 

注意が必要なのは即日融資の条件として、事前に口座がなければならないカードローンもありますので、申込をする前に一般銀行の口座が利用できるのかを調べておきましょう。

 

忘れてはならない金利の比較

あわてて申込をしてしまい、あとで調べたらもっと金利が低いところがあったということもよくある話で、いくら急いでいてもせめて金利だけでも比較して申込をする事が重要です。

 

大手消費者金融の場合はほとんどが4,5%〜18,0%の範囲になっていますが、通常初回申込時は、上限金利が適用されますので、金利の比較は上限金利で比較しましょう。

 

少しでも低金利で借りたい時は、銀行カードローンがおススメです。
ただ、銀行カードローンには1,99%〜7,99%という低金利のカードローンもありますが、即日融資に対応していません

 

たとえば、即日融資に対応している三井住友銀行カードローンは14,5%、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は14,6%、新生銀行カードローン「レイク」は18,0%と、上限金利はほとんどが14,0%以上になり、短期で借りる場合は、この程度の金利差なら大手消費者金融とそれほど違いはありません

 

出来るだけ確実に即日融資で借りたい時は、少しでも審査に通りやすい消費者金融がよいかもしれません。

 

利用の仕方で金利の差は影響しない

少しでも金利を抑えて借りたいと誰でも思いますが、即日融資に限って言えば金利の差はそれほど気にする必要はありません。銀行カードローンの金利と大手消費者金融の金利との差といっても、わずか数%程度です。

 

仮に、給料日前の10日間前に10万円借りたとして、銀行カードローン「バンクイック」と大手消費者金融「プロミス」を比較すると

 

「バンクイック」の場合は
10万円×14,6%÷365日×10日=400円が1カ月の利息になります。

 

「プロミス」の場合は
10万円×17,8%÷365日×10日=490円が1カ月の利息になります。

 

こうしてみると、その差はわずか90円で、それが伸びて20日間になっても180円の差しかありません。

 

返済を長期で考えている時は金利の差が大きく影響し、少しの差でも返済総額は大きく影響してきます。ただ、短期返済で考える時は、後悔するほどの差でもありませんし、即日融資でお金を用意しなければならない時は、借りやすさを優先するべきだと思います。

 

金利だけでなくその他のサービス面も比較する

キャッシングのサービスには「無利息期間」を設けているキャッシング会社もあります。
「無利息期間サービス」は一定期間の間の借入は利息を払わなくてもよいというサービスです。少しでもお得なキャッシングをしたい方は、「無利息期間」が利用できるキャッシング会社を選ぶのもひとつの方法です。

 

また、提携コンビニATMから毎月返済をする場合、ATMを利用すると利用手数料が発生します。利用手数料は1万円以下なら108円、1万円以上は216円が必要になり、返済や借入時に毎回利用手数料を支払わなければなりません。

 

ですから、キャッシング会社を選ぶ時は、利息以外に費用をかけない事も重要になります。
特に長期返済になる場合、できるだけ手数料無料で利用できる提携ATMが多く用意されているキャッシング会社を選ぶことも選択肢のひとつと言えます。